About

​オールドレンズ×ポートレート写真展

オールドレンズ×ポートレート写真展とは、

オールドレンズフェスというイベントにおいて、

1~2回のペースで開催しているオールドレンズオンリーの写真展です。

オールドレンズやシネレンズを使った、淡く柔らかい、

それでいて独特な雰囲気のポートレート作品を楽しむことができます。

写真展では毎回、オールドレンズ×ポートレートワークショップも開催。

写真展+ワークショップで、新たなオールドレンズ体験の場を提供しています。

ポートレートが好きな人も、オールドレンズが好きな人も是非この展示を体験してください。​​

​オールドレンズとは…

街頭に写し出される巨大な砂漠の写真。iphoneのカメラによる写真だ。

スマホ写真がビルボードになる時代、

写真を撮るという行為はカメラだけのものではなくなってしまった。

年々高画素化する一眼カメラは、写真のための進化なのか疑問に思う時がある。

ダゲールが写真を発明したのが1839年。 その翌年にはポートレート用のレンズがフォクトレンダーより発売された。

それはカメラを手にした多くの人がポートレートを撮りたがっていたからだと思う。

多様なレンズが発売されている現在、依然ポートレートは写真の主要な目的であり続けている。

家族を、友人を、好きな人を綺麗に残したいという本質は170年前と変わらないのかもしれない。

日々、レンズの性能が進化していくなか、置き去りにしてきてしまった大切な何か、

それが何なのかを教えてくれているのがオールドレンズとシネレンズなのだ。

上野由日路『オールドレンズ×美少女』より抜粋